ロゴマークデザインの作り方について

ロゴマークはデザインの良し悪しによって印象は大きく変わるのでとても重要です。ロゴマークというのは会社などにとったらお店の看板と同じ役割と持っています。知名度を上げるためのとても重要なツールになりますしロゴマークがないということは看板がないお店を運営しているのも同じです。

 

そんなロゴマークの作り方ですが、どんな人に見てほしいかを考慮することから始めていきます。たとえば読書ブログのロゴマークだったらどんな人に読んで欲しいかを考え、相手の性別とか年代まで考えます。良いデザインのロゴマークにするためには無意識に人の目を集めやすいものにすることや、意図的に繰り返し使われることを想定したデザインということも大事です。さらにどんな場面でも使えるものではないといけませんし、色付きで表示されないこともあるのでモノクロでも色付きでもどちらにも対応できるものということも大切になります。

 

ロゴマークのデザインの作り方はこういったことを考えながら進めないといけません。デザインで一番良いのはやはりシンプルなものになりますし、印象に残りやすいモチーフにするという点が重要です。さらに単色で作成をすることで融通もききます。